妊娠を望まないなら避妊
基礎体温のグラフ

妊娠をさけるためにもコンドームをしましょうね

自宅にレボノルゲストレルを備えて置く

レボノルゲストレルとは緊急避妊のためのお薬のことです。

コンドームなどの避妊具の装備不備や避妊薬の飲み忘れ、レイプなどの被害で避妊方法をはじめからとらなかった場合などが想定されます。
そのような緊急避妊つまり性交後に望まない妊娠を避けるために緊急的に行う措置の事です。
作用としては、排卵を止めます。
排卵しなければ、受精の機会がなくなり、妊娠しないという事です。
排卵・受精した場合でも子宮内膜の増殖がおさえられ、受精卵が着床しにくくなります。
性交後72時間以内に服用することで避妊効果を発揮します。
しかし、100%の確率ではありません。
また、処方してもらうには、医師の診察が必要となります。
肝臓病や心臓病の持病を持つ方は医師に伝えましょう。
てんかん薬や結核などの薬は併用する事によって作用を弱めるおそれがありますので注意してください。
保険も適応外で、自費負担となります。
薬は通常量2錠で、もらったら直ぐに飲みましょう。

一番多い副作用として、予定外の不正出血があちます。
吐き気や頭痛などもよくみられます。
ホルモン状態が変化するためと考えられています。

72時間以内に服用する必要があり、自宅にレボノルゲストレルを備えて置く方が安心はできます。
しかし、避妊を保証するものではなく、妊娠する可能性があること、計画的に避妊する場合は普段からより確実な経口避妊薬の定期服用をするようにしましょう。