妊娠を望まないなら避妊
基礎体温のグラフ

妊娠をさけるためにもコンドームをしましょうね

授乳中の妊娠を避ける為の避妊薬の服用は避けた方が良い

赤ちゃん最近では授乳中の女性であってもパートナーと仲良くする為にセックスをすることが多くなってきたものです。一般的に授乳中の女性というのは乳飲み子を育てていますので、なかなか忙しくてセックスなどしている暇はないという人も多いものですが、夫との関係を少しでも良く保っていく為にセックスをしたいと考えている人も沢山いるものです。
ところで授乳中の女性は妊娠を避ける為に避妊薬を服用することが出来るのでしょうか。避妊薬は数ある避妊方法の中でも最も確実に妊娠を避けることが出来る方法であると言われていますので、授乳中の女性であってもついつい服用したくなってしまうものです。しかし結論を言えば授乳中の女性はやはり妊娠を避ける為とはいっても、避妊薬の服用は避けた方が良いと言えます。なぜなら避妊薬というのもあくまでも薬である為、服用してしまうことでどうしても母乳に成分が出てきてしまうからです。なので授乳を終えてから服用するようにするべきなのです。
なので授乳中の女性はどうしても妊娠を避ける為に避妊をしながらセックスをする必要がある場合、夫にしっかりとコンドームをつけてもらうようにしましょう。出産を終えたばかりの妻とセックスをする際にどうしてもコンドームをつけたがらない夫というのは沢山いるものです。何故なら出産を終えて間もない女性というのはそもそも生理すら再開していないことも多い為、ついつい女性の身体の仕組みについて知らない夫は、コンドームなしでセックスしても妊娠しないと思ってしまうからです。しかし生理が来ていなくても妊娠というのはする時はしてしまうものです。なのでしっかりと夫にコンドームをつけてもらった上で、楽しいセックスをするようにしましょう。