妊娠を望まないなら避妊
基礎体温のグラフ

妊娠をさけるためにもコンドームをしましょうね

個人輸入で医薬品を購入するメリット

通販している人国内では購入できない医薬品は多くあります。
ですが、人によってはどうしても購入したいけれど、国内では入手困難だということもあります。
その時に使われるのが個人輸入です。
では、個人輸入で医薬品を購入するデメリットとメリットを説明します。

まず、医薬品を海外から個人輸入する場合にはいくつかのルールがありますが、主なものを3つ挙げてみます。
1つ目に医薬品の個人輸入は自分自身で使用すること。
2つ目に一般的に薬事法に違反する購入品ではないことを証明すること。
3つ目に輸入が禁止されている品物でないことなどが挙げられます。
これらのルールを厳守しながら個人輸入は行われています。

次にデメリットを説明します。
個人輸入をする場合には、日本の薬事法に基づく品質や安全性の確認がされていません。
さらに、中には正規品のコピーを偽った偽物もあり、人体に有害な物まであります。
このようなデメリットもありますがメリットもあります。
メリットは海外の会社から直接購入なので日本で購入するよりも安く済むうえに、日本では入手困難な医薬品を簡単に購入できるます。
また、場合によっては国内で購入するよりも数百円から数千円もの差がつく場合があります。

このような、ルールやデメリットとメリットを良く理解したうえで個人輸入で医薬品を購入した方が良いです。