妊娠を望まないなら避妊
基礎体温のグラフ

妊娠をさけるためにもコンドームをしましょうね

保険適応されないレボノルゲストレル

避妊薬といっても様々な種類があります。
女性の身体は一定期間で子宮の状態が変化し、排卵後の時期に子宮内膜が厚くなることで妊娠しやすくなります。
レボノルゲストレルは子宮膣内に錠剤を入れて使用します。
レボノルゲストレルは黄体ホルモン剤の一種で、月経困難症治療にも有効です。
使用することによって子宮内膜が厚くなることを抑え、受精卵の着床が阻害されます。
また、レボノルゲストレルは避妊失敗後3日以内に摂取すれば避妊効果があることから、緊急避妊薬としても有効な成分として用いられています。
しかしながら、レボノルゲストレルを処方してもらう際に注意したいのが、保険適応されないということです。
保険適応される薬の条件のひとつとして、薬価に記載がある必要があります。
レボノルゲストレルは海外において避妊薬として開発されており、日本国内でも避妊薬として認知されています。
しかし、レボノルゲストレルは避妊薬として薬価基準に記載されていないことから保険適応外になっています。
現在、このレボノルゲストレルが避妊薬としての周知と効果があり、既承認されているものであることから、避妊薬としての効能を新たに薬価収載する動きになっています。
よって薬価収載されるまではレボノルゲストレルは保険適応されません。