妊娠を望まないなら避妊
基礎体温のグラフ

妊娠をさけるためにもコンドームをしましょうね

レボノルゲストレルを個人輸入で購入

「レボノルゲストレル」についてご説明します。

「レボノルゲストレル」は緊急避妊薬です。
性行為の際に避妊をしなかった、コンドームが破れて避妊に失敗したなどといった場合に利用します。
あくまでも「妊娠を予防する薬」であって、中絶薬や性感染症を防ぐ薬ではないという事を利用する前にしっかり理解しておくことが大切です。

「レボノルゲストレル」は性行為後72時間以内に1回服用します。
服用によって排卵を止めることが出来るので受精の機会がなくなり避妊をすることが出来ます。
従来の緊急避妊薬と比べ、避妊効果も80%以上と高く、吐き気や嘔吐などの副作用も少ないのが特徴です。
ただし副作用が少ないとはいえ、個人輸入で購入して勝手に服用するのは危険です。
婦人科クリニックなどで処方箋をもらって購入し、医師や薬剤師に服用の際の注意点などをきちんと確認するが大切です。
結核の薬や、てんかんの薬と併用すると避妊効果を弱める恐れがあるので注意が必要です。
また妊娠中の人は使用することが出来ません。
授乳中の人は、服用後24時間授乳を避ければ問題ありません。
血圧に異常がある人、肝臓病、腎臓病の人などは、症状を悪化させる恐れがあるので服用出来ないことがあります。